アメリカFDAの認可

みなさんがアートメイクと向きあうとき、FDA認可薬剤というものにも意識をしてみてください。アートメイクには全くリスクが存在しないということではありません。人の皮膚に針で色素を入れる行為であることは間違いなく、 日本で施術をする場合には、医師免許を持っている必要があり、実際には国民生活センターによれば2006年からの5年間で危害の報告が121件も寄せられている事態なのです。

そもそも数年前までは、美容室や専用のエステサロンで受けるのが定番だったようです。現在は信用できる美容家と言えども、アートメイクをする資格はないと考えてください。2017年の1月末には医療アートメイク学会も誕生したことで、段々とアートメイクの認知度も高くなって来たのではないでしょうか。

まず、みなさんにしっかり受け止められるためには、しっかり安全性の下地が整う必要があります。アートメイクは、アメリカFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた染料を使用して行われなければならないものなのです。アメリカFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた染料が使用されることによって、それもアートメイクの安全神話を現在しっかり作りあげることに貢献しています。更にアレルギーの問題もありますので、 アメリカFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた染料だとしても、しっかり事前にパッチテストを受けてください。

関連情報・・・アートメイク
FDA(米国食品医薬局)で認可された染料を使用している美容皮膚科のサイトです。

 

アートメイクの料金

朝の時短メイクを叶えたい、理想の眉毛・アイラインを24時間キープしたいという人たちなら一度アートメイクの体験もいいのかもしれません。眉・アイラインなどをより美しく見せるために、アートメイクが現在存在します。特に眉毛という場所はみなさんが毎日の化粧において、理想の形が分からないとか、左右不対象になってしまうとか、薄い……などの多くの問題を抱えている場所なのです。みなさんももっとアートメイクについて知れば、アートメイクがどんなに魅力的な方法かということに気付くことになるでしょう。

24時間キレイな眉・アイラインをしっかりキープしたいというのなら、やっぱり方法は、アートメイクです。料金の問題も気になりますが、眉毛の場合では1回(左・右)で5万円~あたりであり、アイラインのケースは3万円~5万円位が大体の目安のようです。

この程度ならなんとかみなさんのお小遣いでも実現出来る程度ではないでしょうか。1回で満足の行く仕上がりにすることが出来ることもありますが、場合によっては2回目の施術が必要となるケースもあり、そのような場合、お店では2回目の施術を無料で提供してくれていたりします。お店のイメージもいいから、それ程敷居の高さも感じないのではないでしょうか。1回の施術は30分ほど、カウンセリングを入れて2時間以内です。

アートメイク体験

アートメイクは、刺青と違うものなので、みなさんにも安心して利用していただくことが出来ます。刺青は「一生もの」であり、アートメイクもそのようなものだとしたら、やっぱり多くの人たちが、してみるのが恐いという気分になるのではないでしょうか……。しかし、アートメイクも、表皮から0.02~0.03ミリの部分に傷を付けるという意味では刺青に近いものなので、傷をつけたくないという人たちは、やっぱりアートメイクというものは不向きではないでしょうか。

アートメイクは、刺青よりもライト感覚とは言うものの、するにはやっぱり勇気が必要です。しかし、敢えて言えば、現代社会の人たちはチャレンジ精神旺盛な人たちが多いともいうことが出来、積極的にアートメイクと向きあっていらっしゃるようですね。周囲の人たちがアートメイクをしていたら、私もアートメイクに挑戦してみようという気持ちもどんどん高まることでしょう。やっぱり、それも普段私達はメイクをする行為にかなりストレスを感じていたせいかもしれません。

アートメイクが、 朝の時短メイクを叶えたい願いをしっかり実現してくれます。理想の眉毛・アイラインを24時間キープしたいという人たちも既にこのアートメイク体験をしています。

 

 

アートメイク

今、巷ではアートメイクが流行しているようです。みなさんは日常生活の当たり前の習慣としてメイクと向きあっていることでしょう。特に目元などは、いつも多くの時間がかかってしまうような場所であり、時間がなく焦ってたりすれば、すぐに失敗してしまって、いつもは違うブサイクな顔にも簡単になってしまい、一日不機嫌に過ごしていた経験もみなさんはお持ちではないでしょうか。メイクなしで理想の目元が叶うという方法があれば、みなさんも一度体験したいと思っている筈です。

でも多くのみなさんが関心を持っているものの、まだまだ不安要素も高く実際に体験出来ないという人たちもいるでしょう。それは、果たして刺青のようなものでしょうか。もしも言葉は違うものの刺青と同じものだとしたらそれはそれで抵抗があるという人もいるでしょう。ただし、 それは、刺青とは違うものと考えてください。刺青という方法の場合は、真皮という、表皮よりももっと深い部分に色素を入れていきます。しかし、こちらはそのような方法ではなく、 色素を皮膚の表皮から0.02~0.03ミリの部分に入れる方法です。

刺青の場合は、真皮はお肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーの影響を受けないために、色素がずっと残り続けることが出来ますが、他方は表皮への施術ですので、年数の経過とともに色素が落ちていきます。持ちは平均して2~3年ということなので、落ちることがデメリットと感じている人たちもいるかもしれませんが、一生モノでない安心感があります。