アートメイク

今、巷ではアートメイクが流行しているようです。みなさんは日常生活の当たり前の習慣としてメイクと向きあっていることでしょう。特に目元などは、いつも多くの時間がかかってしまうような場所であり、時間がなく焦ってたりすれば、すぐに失敗してしまって、いつもは違うブサイクな顔にも簡単になってしまい、一日不機嫌に過ごしていた経験もみなさんはお持ちではないでしょうか。メイクなしで理想の目元が叶うという方法があれば、みなさんも一度体験したいと思っている筈です。

でも多くのみなさんが関心を持っているものの、まだまだ不安要素も高く実際に体験出来ないという人たちもいるでしょう。それは、果たして刺青のようなものでしょうか。もしも言葉は違うものの刺青と同じものだとしたらそれはそれで抵抗があるという人もいるでしょう。ただし、 それは、刺青とは違うものと考えてください。刺青という方法の場合は、真皮という、表皮よりももっと深い部分に色素を入れていきます。しかし、こちらはそのような方法ではなく、 色素を皮膚の表皮から0.02~0.03ミリの部分に入れる方法です。

刺青の場合は、真皮はお肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーの影響を受けないために、色素がずっと残り続けることが出来ますが、他方は表皮への施術ですので、年数の経過とともに色素が落ちていきます。持ちは平均して2~3年ということなので、落ちることがデメリットと感じている人たちもいるかもしれませんが、一生モノでない安心感があります。