アメリカFDAの認可

みなさんがアートメイクと向きあうとき、FDA認可薬剤というものにも意識をしてみてください。アートメイクには全くリスクが存在しないということではありません。人の皮膚に針で色素を入れる行為であることは間違いなく、 日本で施術をする場合には、医師免許を持っている必要があり、実際には国民生活センターによれば2006年からの5年間で危害の報告が121件も寄せられている事態なのです。

そもそも数年前までは、美容室や専用のエステサロンで受けるのが定番だったようです。現在は信用できる美容家と言えども、アートメイクをする資格はないと考えてください。2017年の1月末には医療アートメイク学会も誕生したことで、段々とアートメイクの認知度も高くなって来たのではないでしょうか。

まず、みなさんにしっかり受け止められるためには、しっかり安全性の下地が整う必要があります。アートメイクは、アメリカFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた染料を使用して行われなければならないものなのです。アメリカFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた染料が使用されることによって、それもアートメイクの安全神話を現在しっかり作りあげることに貢献しています。更にアレルギーの問題もありますので、 アメリカFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた染料だとしても、しっかり事前にパッチテストを受けてください。

関連情報・・・アートメイク
FDA(米国食品医薬局)で認可された染料を使用している美容皮膚科のサイトです。